千葉でエコカラットを格安で導入するには

  • 千葉でエコカラットを活用する方法

    • 千葉は1年を通して湿度が高い地域であるため、部屋の湿気を吸収するエコカラットは非常にこの地域に適した製品であるといえます。

      壁材として設置するだけで留守の間でも余分な湿気を壁の中に吸収し、湿度が低くなる時は蓄えた湿気を部屋の中に放出することで湿度を一定に保つことができる機能を持っています。



      しかし千葉でエコカラットを有効に活用するためには、定期的な換気が必要になります。

      日本経済新聞のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

      湿気を壁材の中に吸収する仕組みのため、湿度の高い状態が継続すると吸収できる湿気の量が限界に達し、それ以上吸収することができなくなるためです。



      そのため、定期的にエコカラット自身を乾燥させ吸収して湿気を外部に放出することが必要になります。

      通常の地域の場合には日中は湿気が多く、夜間は湿気が少ないため吸収する量のコントロールが自然に行えることになるのですが、千葉のように湿気の多い状態が長時間連続するような気候であると湿気を放出する機会がなく吸収量が飽和してしまうのです。このような場合は外部に吸収した湿気を放出し湿気の吸収量を一定にする機能があります。


      エコカラットは部屋の湿気をコントロールする拡大として非常に注目されていますが、このような湿気の吸収量が多すぎる場合にはその機能が限界を超えてしまう時もあるので、天気の良い日は窓を開けて換気するなどの対策が必要になります。

top